iPhoneのバッテリー交換を配送で行う方法【2018年11月】

2018.11.24  ライフハック

iPhoneのバッテリー交換を配送で行う方法

新しいiPhoneを買ったのだが、古いiPhoneも残しておきたいと思ったので、郵送でバッテリー交換した。
ご存じの通り、iPhone6~iPhoneXまでの機種は、2018年12月末まで3200円で対応してくれるので急いで手続きへ。

でも、これが分かりづらい・・・。

まずAppleサポートへアクセス
https://getsupport.apple.com/

iPhone → バッテリーと充電 → バッテリー交換

へと進む。
ところが、ここに配送修理がない!

持ち込み修理を選んで、お店を指定しても空き時間が全然ない。
仕方なく指定修理店に電話すると、
「10:30~11:00までの間、3日間の予定が表示されます。早いもの勝ちです」
という、謎のお返事。あとはキャンセル待ちで店に並んで、という。
時間も無駄にしたくないし、人混みはいやだ。

それからあれこれ時間を無駄にしたが、結局「配送修理を依頼するなら」以下の手順が一番スムーズだった。

1:Appleサポートへアクセス

以下へアクセスして、
https://getsupport.apple.com/
iPhone → バッテリーと充電 → バッテリー交換 → 「今すぐアドバイザーと話がしたい」※混んでいる時は表示が変わるので「日時を指定して電話を受け取る」を選択

2:IMEIを確認

以下の手順でIMEI番号を確認・コピーしておく
https://support.apple.com/ja-jp/HT204073

3:電話番号を入力して電話を待つ

電話番号の最初の0を抜いて、入力。09012345678なら9012345678だ。

4:電話が来るのでバッテリーを交換したいと伝える

電話で手続きを進めるか、特別なURLを送るのでオンラインで手続きをしてもらうか、どちらかを選択してほしいと言われる。
自分はメールで受け取ったリンクへアクセスしてオンラインで手続きを進めた。(環境によってはURLが開けない方もいるらしい)
ここでも電話番号でエラーが出たので最初の0を削除した。

5:クレジットカードで決済・または代引きを選ぶ

オンラインの場合、そのまま決済。3200+税で3456円。
送料は無料。

6:iPhoneを探すをOFFにして集荷に来た宅配便に渡す

以下の手順で「iPhoneを探す」をOFFにして、集荷日時を指定。宅配便が来たらiphoneをそのまま渡す。(梱包はしなくて良い)
https://support.apple.com/ja-jp/HT205362

7:iPhoneが戻ってくる

最大9日間らしいが、一週間くらいで戻ってくるようだ。
でも12月に入ったら混むことが予想される。

同じwifi内なら、古いiPhoneを新しいiPhoneの子機のように使えて電話に出れるようなので、これから2台活用していこうと思う。
誰かの参考になり、時間の節約になることを願って。


↓ もしよろしければこちらもご覧ください ↓

【電子書籍 (Kindle版)】
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法

  1. 全130ページ(55000字)すべて実体験で作り上げた独自の内容
  2. 全業種対応。フリーランス・起業家が最初に知っておくべき事業の始め方
  3. Kindle Unlimitedで無料で読めるようになりました!
  4. スマホ(iPhone/Android)でも読むことができます。

期間限定価格 470円

KindleUnlimited 0円

Amazonで購入する
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法


この記事へのコメントをお待ちしています。

Page top
スマホサイトを表示