新型コロナウイルス流行中の今、破産しないビジネスを作る方法

2020.02.25  話題ネタ

新型コロナウイルスが流行

新型コロナウイルス(COVID-19)が流行している。
現在も日本国内で相当数が感染していると思われるが、検査体制の問題もあって表面化してこないようだ。
一方、実際に軽症で済む人も多いのだろうし、子供は重症になりにくいらしいので、その点は一安心。

科学的・医療的な話はさておき、多大な経済的ダメージを受けているのが産業界だ。
観光関連業界はもちろんのこと、全産業へ多かれ少なかれ影響を与えている。

春からは連鎖倒産が始まる可能性も出てきたので、不況入りは間違いなし。
東京オリンピックに影響が出れば、さらに不況に拍車をかけ、世界恐慌へと発展するシナリオもあり得る状況だ。

誰もがウィルスのパンデミックや社会的混乱を予測しているわけではないが、自然災害や市場の急激な変化はいつ起きてもおかしくないものだ。
安定的な社会や消費環境がいつまでも続くと安心している経営者は今後も長く事業を続けることが難しいだろう。

実際に大企業は内部留保でそのような事態に備えている。
でも、余裕のない中小企業はそうはいかない。
そうした中小企業の倒産がこれから相次ぐことが予想される。

一方、平時に莫大な金額を稼ぐことはできなくても、有事でも倒産しようがないのが僕の考えるスモールビジネスだ。
電子書籍に書いたとおり、そもそも僕は、現在も戦時中だという意識でビジネスを始めた。

そのおかけで、現在の社会的混乱や不安からも、距離を置いて冷静に考えることができている。
具体的にはこんな状況だ。

・オンライン中心に、自宅で仕事をしているから、ウィルス感染のリスクがほとんどない。
・人に会わなくても良いビジネスをすでに構築している。
・仕入れも従業員も家賃もないので、そもそも固定費がない。
・サブスク(月額制)のサービスなので、新規受注が停止しても赤字にはならない。

満員電車に乗らなければならなかったり、上司の咳にイライラするような生活に較べたら非常に気楽なものだ。
もちろん、この状況でも心から安心してはいない。
完全に安心できるビジネスなど存在しないからだ。

これまで観光地へ積極的に出店して業績を上げる会社も多かったが、観光地から人が消えてしまった今、大赤字になっている。
ネットショップも、今は大盛況かもしれないが、物流が止まるようなことになれば、今度は近所のスーパーが頼られることになる。
勝ち組と負け組があっという間に入れ替わる状況だ。

随分と前の話だが、知人が東京電力の株を買って、
「絶対つぶれないんだから、買わないほうがおかしい」
と笑っていたのを思いだしたが、絶対なんて本当にあるのかな~、と思っていた矢先に東日本大震災が起きて東京電力は事実上破綻した。
あんな出来事は予測できるものではないが、うっすらと感じる違和感は今でも見過ごさないようにしている。

今後の一定期間で起きる大きな変化は、多くの人が自宅で過ごすことになりそうだ、ということだ。
家の中で必要なものは以前より売れるようになるし、家から出なくなるので、飲食・サービス業・公共交通機関は大きく売上が減少することになる。

そして何より、恐怖を覚えているのは若者ではなく、高齢者だということを忘れてはいけない。
スーパーに出かけるのも一苦労ということになれば、宅配サービスを強化するのも一つの手だろう。
買い物代行業なども、商品の消毒作業とセットにすれば、一定の需要が見込めそうだ。

どんな社会的変化にも商機はある。
ただ指をくわえて需要の回復を待つのではなく、今こそビジネスをより強いものにするアイデアを考えよう!


↓ もしよろしければこちらもご覧ください ↓

【電子書籍 (Kindle版)】
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法

  1. 全130ページ(55000字)すべて実体験で作り上げた独自の内容
  2. 全業種対応。フリーランス・起業家が最初に知っておくべき事業の始め方
  3. Kindle Unlimitedで無料で読めるようになりました!
  4. スマホ(iPhone/Android)でも読むことができます。

期間限定価格 470円

KindleUnlimited 0円

Amazonで購入する
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法


この記事へのコメントをお待ちしています。

Page top
スマホサイトを表示