一太郎のepub原稿の目次をsigilで縦書きにする方法

2022.06.23  経験話

一太郎のepub原稿の目次をsigilで縦書きにする方法

少し前。

本書のペーパーバック版を販売開始するにあたって、ついでに電子書籍の原稿を訂正・修正した時のこと。
(今は呼び名が変わっているサービス名を新しくしたり、一部の表現を変えました)

困ったことがあった。
2021年8月から、リフロー型のmobiファイルがkindle出版で使用できなくなっていたのだ。

本書は一太郎2017というソフトでmobi出力したものを、kindle出版に使用していた。
縦書きと目次がそのままきれいに出力できたので。

ところが一太郎でepub形式に出力し直すと、目次が横書きになってしまい、どうにも直せない。

まあ、しかし。
いくら、起業当初はできなかった僕でも、10年もたてば、たいていのトラブルは解決できるようになっている。

「sigil」というフリーソフトがあるらしいことが分かり、
それでepub文書を開くと、html+cssぽいソースが出てくる。
(今はmacに乗り換えてしまって、再確認できず、さらにはsigilもアップデートされているようなので興味ある方は検索してほしい)
で、縦書きのスタイルがタイトルや本文にあるはずなので、それを目次の箇所にコピーして保存すると、無事に目次も縦書きになる。

という感じです。

最新版の一太郎は改善されているのかもしれないけど、どなたかの参考になれば。

ちなみに、本書の中では、パソコンの選び方に触れている部分もあるけど、M1以降のApple製品なら、どれを選んでも問題なさそうだ。
Parallelsでwindows11をmacに入れてみたところ、弥生会計も問題なく動いている。

あと、ペーパーバック版がどうしても高くなってしまい、申し訳ないと思っていたので、
文字フォントを小さくしてページ数を減らし、1280円に変更しました。(老眼の方すみません)


↓ もしよろしければこちらもご覧ください ↓

【電子書籍 (Kindle版)】
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法

  1. 全130ページ(55000字)すべて実体験で作り上げた独自の内容
  2. 全業種対応。フリーランス・起業家が最初に知っておくべき事業の始め方
  3. Kindle Unlimitedで無料で読めるようになりました!
  4. スマホ(iPhone/Android)でも読むことができます。

期間限定価格 680円

KindleUnlimited 0円

Amazonで購入する
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法


この記事へのコメントをお待ちしています。

Page top