3-2 「できない人」が組むべき相手とは?

3日目:メインイメージ

残された道は、自分以外の人に営業をしてもらうしかなかった。
営業代行なんてサービスもあったけど、そんなところに依頼するお金はない。

人に頼むお金はないが、自分では営業できない。
まさに「できない人」だ。なぜ起業したのだろう?
情けなくて、どうしようもないけど、これが事実なのだ。

人の性格なんて、そう簡単には変えられない。
営業のできる人間になるために、セミナーに行って、人に好かれる笑顔を練習したところで、かえって不自然であやしい人間になってしまうだけだ。だが、性格がおっとりしていて押しが弱いとか、人を蹴落とすことなんてとてもできないとか、大事な交渉の時につい譲歩してしまう「いい人」は、ビジネスの世界では「できない人間」ということだけは認めなければならない。

いくら学校で「いい人」になることを教えられてきたとしても、
現実では強奪され、騙され、粗悪な商品を売りつけられる対象でしかないってことだ。
学校とは本当に恐ろしいところじゃないか!

そんな世界の現実を再確認した上で、できない自分を受け入れよう。
そのままで、いいんだ。
あなたは「できる人」だろうか?

↓ 続きはこちらの完全版をご覧ください ↓

【電子書籍 (Kindle版)】
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法

  1. 全130ページ(55000字)すべて実体験で作り上げた独自の内容
  2. 全業種対応。フリーランス・起業家が最初に知っておくべき事業の始め方
  3. Kindle Unlimitedで無料で読めるようになりました!
  4. スマホ(iPhone/Android)でも読むことができます。

期間限定価格 470円

KindleUnlimited 0円

Amazonで購入する
できない僕がスモールビジネスで成功したアイデアと方法
Page top
スマホサイトを表示